PICK UP

【作家インタビュー】

|

2021.05.27

vol.17 刺しゅう作家  atelier de nora  ながたに あいこさん

CRAFTINGをご覧いただいている皆様、こんにちは。



今週は、植物をモチーフにした

ボタニカル刺繍のレッスンをご紹介してくださっている 

atelier de nora ながたに あいこさんさんの

第二回目のインタビューです。




よく使う刺しゅう糸の種類や好きな色から、今回はお伺いしました。


写真:atelier de nora ながたに あいこさん




▲「植物をモチーフにしたボタニカル刺繍 〈ポケットティッシュケース〉」の作品



1色の刺しゅう糸には、もっと沢山の色が隠されている

「25番刺しゅう糸を使うことが多いです。シンプルな材料で多彩な表現ができる所が好きです。


とる糸の本数、刺す角度、ステッチの種類、隣の糸の色、

そしてその組み合わせによって、同じ色の糸でも、色合いが少し違って見えます。


ベースになる布の色によっても見え方は変わってくるので、

1色の刺しゅう糸には、もっと沢山の色が隠されていると思います」







主役の色を活かす、渋い名脇役のような色が大好き


「好きな色は、沢山ありますが、『グレーにもブルーにも見える』、

『ピンクにもベージュにも見える』そんな曖昧な色が好きです。


それから、メインでは使いませんが、


刺し色にすると主役の色を活かしてくれる色というのがあります。

そんな色は、渋い名脇役のようで、大好きです」




▲「布は白・ナチュラル・ベージュを使うことが多いです。ほんの少しの色や素材感の違いで、糸の見え方、全体の雰囲気が変わります」




手芸を始めたのはいつ頃だったのでしょうか?


子供のころ好きだった手づくりや思い出に残る手づくりエピソードについてもお伺いしました。







母から学んだ「世界にひとつだけのもの」をつくる喜び

 「いつから始めたかは覚えていませんが、母が洋裁学校を出ているので

子供の頃から、お洋服やお人形を作ってくれていたこともあり、自分も自然と手仕事をしていたと思います。

フェルトのマスコット作りやかぎ針編みをよくしていました。


刺しゅうでは、チェーンステッチが大好きで、自分でリンゴや猫の絵を描いて、

チェーンステッチでなぞったものを枕カバーにして、祖母にプレゼントした事があります。

我ながらよくできた!と子供心に思ったことはよく覚えています。


その頃のことを思い出すと、当時から、見本通りに作る、ということはしていませんでした。


家にある材料で、自分で考えてアレンジして作る。

「世界にひとつだけのもの」をつくる喜びは、母から教わったと思います。



▲「本に掲載した作品を自分でアレンジした作品です。図案のサイズを変えたり、糸の色を変えただけで、表情が変わることが面白いです」




刺しゅうを始めたきっかけについても、お伺いしました。







針と糸と布、ハサミさえあれば、いつでもどこでも

「もともと手仕事全般が好きでしたが、


特に刺しゅうに取り組むようになったきっかけは、2010年に雑貨店を始めたことです。

何か自分でも手仕事がしたかったので、お店番中にできることは?と考えたとき


針と糸と布、ハサミさえあれば、いつでもどこでもできる刺しゅうかな、と思いました。


お店番中ですので、カウントステッチは難しいですが、フランス刺しゅうのようなステッチなら

途中手を止めても問題ないですし、お客様と話しながらでもできる。


何より、刺しゅうがお客様との会話の糸口になることも嬉しかったです」





▲「製作時間は、日によって違いますが、針を持たない日はほとんどないと思います。 少ない日で30分~1時間、多くて15~16時間くらいでしょうか…」






「刺しゅうのここが好き!」というポイントがあれば教えてください。






自分の世界が豊かに多彩に、広がり続けていく

 

「刺しゅうの好きなところ、沢山あります!



いつでもどこでもシンプルな材料と道具で、多彩な表現ができること。


絵心がなくても、描いた絵をなぞって刺しゅうするだけで、全く別の魅力が生まれるところ。


そして同じ図案でも、刺す人によって、出来上がる刺しゅうがそれぞれ違う個性と魅力を持つこと。


山登りのように、目の前の一歩一歩(一針一針)に無心で集中していれば、


いつの間にか山頂に着いている(完成している)こと。


日常で使えるものを作れることで、日々の暮らしが豊かになり、ものを大切に使いたくなること。


植物など、モチーフへの興味関心が、自分の世界を広げること…」




▲atelier de nora さんの刺しゅうへの愛があふれるInstagramの世界より。@atelier_de_nora



atelier de noraさんは「まだまだありそうですが、この辺で」と

今回のインタビューを締めくくってくださいました。


刺しゅうへの思い、愛があふれているInstagramの画像を

今週のマガジンのおわりにご紹介させていただき、

来週のインタビュー記事へとつなげたいと思います。



ご覧いただき、ありがとうございました。








<作家profile>atelier de nora ながたに あいこさん


公益財団法人日本手芸普及協会刺しゅう指導員。

使う人が手に取って眺める度に、

楽しい気持ちになるような物づくりを心がけている。


刺繍作品の制作、イベント・企画展出品、オーダー制作、

刺繍教室を中心に活動する「atelier de nora」を主宰。


著書に『春夏秋冬。ボタニカル刺繍で彩る服と小物』(KADOKAWA)がある。




https://nagatani9.wixsite.com/mysite

https://www.instagram.com/atelier_de_nora/






 

 

植物をモチーフにしたボタニカル刺繍 〈マスクとマスクケース〉

花粉やウィルス対策に1年中活躍するマスク。
そして、衛生的に保管できるマスクケースも生活必需品!
植物をモチーフにした刺しゅうで、
ほんの少し手間をかけて外出時のおしゃれを楽しんでみませんか。
...

植物をモチーフにしたボタニカル刺繍 〈ポケットティッシュケース〉

シンプルなポケットティッシュを
ボタニカル刺しゅうのケースに入れてバックに忍ばせましょう。
外出先で取り出すたびに、ちょっぴり嬉しくなります。


作品に使用するステッチは動画で詳しく説明し...

植物をモチーフにしたボタニカル刺繍 〈がま口〉

日常のエチケットとして、除菌スプレーや消毒液・化粧品など持ち歩きたい方へおすすめのボタニカル刺繍のがま口。

作品に使用するステッチは動画で詳しく説明しています。針の動きや刺し方のコツをご覧いただ...



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでコンテンツを担当しています。

今回ご紹介させていただいた野木先生の
子ども服の本は私も何着も作りました。

リバティの布を裁断するときは未だに緊張しますが
サイズアップするたびにうれしい気持ちになります。
アイロンがけが本当に暑い季節になりましたね…。


皆様、今、何の手づくりを楽しんでいらっしゃいますか?

PICK UP

【作家インタビュー】(21)