【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.07

【1月編】マルチナチャッコさん

10月21日に発売予定の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


前編では、1月から6月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


1月は、マルチナチャッコさんに制作していただきました。







…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………






病院での診察待ち時間に売店で手に取った本がステッチイデーでした。

開いた瞬間それまで抱いていた刺しゅうのイメージが吹き飛び、

素敵だったり愛らしかったり刺す人によって様々な表情が

糸で表現されていることに感動し、ワクワクしたのを覚えています。


…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………






細かい図案などは時間が掛かるものなので、ひと針を丁寧に刺し、

手間を掛ける時間を楽しむようにしています。

仕上がった後に「終わってしまってなんだか寂しい」と思えるような

作品作りを心掛けています。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………





様々な刺しゅう枠がありますが、木製の刺しゅう枠の温かい質感が

制作のモチベーションを上げてくれるので好きです。


…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………





大空を自由に飛ぶ鳥が、色鮮やかな花を詰めて小窓に訪れてくれたら

きっと幸せな気持ちになるだろうなという思いを込めました。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………





手刺しゅうで描く線は、少し歪んでいるくらいが愛着が湧き魅力的だと思います。

仕上がったカレンダーを飾り毎日眺める楽しみを想像しながら、

刺しゅうを楽しんでいただきたいです。




ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでコンテンツを担当しています。

ムーミンのパンチニードルレッスン、
そのオトナっぽい色合い、デザインと
北欧インテリアとしての洗練された雰囲気が
大人気となっています。


サトウさんのデザイン性がステキな作品が
つくれます。ぜひお楽しみください。

皆様、今、何の手づくりを楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(6)