【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.07

【2月編】atelier de nora ながたにあいこさん

10月21日に発売予定の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


前編では、1月から6月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


2月は、atelier de nora ながたに あいこさんに制作していただきました。




…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………




もともとどんなものでも手作りするのが好きでした。

今は閉店してしまいましたが、自分で雑貨店を始めた時に、

お店番をしながら制作できて、販売もできるものを作りたい!

と思ったことがきっかけです。


…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………



新しいことに挑戦することも大切だけれど、

今までと同じ事を同じように続けることも大切です。




丁寧に美しい線を刺すことも大切だけれど、

それに囚われず気の向くままに刺すことも大切です。




人が良いと言ってくれるものも大切だけれど、

自分の「好き」に戻ることも大切です。


どちらかに偏りそうになった時、いつも反対の事を考えます。

…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………



特別なものは何も使っていないので、ご紹介するほどでもないのですが…。

母から受け継いだ15cm刺繍枠を大切に持っています。


古くて使い勝手が良いとは言えませんが、

刺繍枠は木が飴色になっているところが気に入っています。


それから図案を直接布に描くことが多いので、

水で消せるチャコパーの極細ペンが必需品です


…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………



2月は寒くて、野辺のお花も少ない季節です。

でも気持ちはいつもお花と共に。

刺繍される皆さまの心が暖かくなりますように。

という気持ちで制作しました。




5つのボトルフラワーの図案は、ハンカチなどに刺繍できても素敵かなと思い

それぞれ単独でも成立するように図案を考えました。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………



カレンダーの刺しゅうにお申し込み下さり、有難うございます。


私は、刺しゅうをする時、針を刺し、

糸が踊るように布に吸い込まれてゆく様を見るのが楽しみです。


その楽しみを一針一針無心で続けてゆくと、

いつのまにか完成に近づいています。


きっとご受講される皆様にも刺しゅうの時間を豊かにする

ご自分だけの密かな楽しみがあると思います。


その時間をゆっくりと楽しみながら、

刺しゅうをしていただけたら嬉しいです。



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでコンテンツを担当しています。

ムーミンのパンチニードルレッスン、
そのオトナっぽい色合い、デザインと
北欧インテリアとしての洗練された雰囲気が
大人気となっています。


サトウさんのデザイン性がステキな作品が
つくれます。ぜひお楽しみください。

皆様、今、何の手づくりを楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(6)