【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2022.01.13

【6月編】poritorie 植木理絵さん

刺しゅうカレンダー2022年、第二弾発売を記念して

4-6月のカレンダー制作にかかわってくださった

作家さんインタビューをもう一度、お届けいたします。


………………………………………………………………………………………



10月21日に発売予定の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


前編では、1月から6月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


6月は、poritorie 植木理絵さんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………




刺しゅうを始めてからずっと自分の為に刺していましたが、

ある日友人から「お店をオープンするから理絵ちゃんが

作ったものを置かせてもらえないかな?」とご相談いただき、

そこからporitorieがスタートしました。




…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………




デザインや色合い、パッケージなどporitorieの世界観を大切にしています。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………




niki.du.poulainのりえさんが作ってくれたアンティークの靴で

作られたピンクッションとSAJOUの復刻マザーオブパールのハサミ



…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………




今回6月を担当させていただきました。

植物画をイメージしてアジサイの図案をデザインしてみました。

梅雨のグレーがかった空色に合うような優しい雰囲気を感じていただけたらと思います。



…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………




きっとリボン刺しゅう初心者さんが多いと思います。

まずはお手持ちの布でステッチの練習をしていただいて、

刺した時のリボンの引き具合(引きすぎた時、引かなすぎた時)を確認してみて下さい。

ひと針ひと針ゆっくり丁寧に進めていただくのがリボン刺しゅうをキレイに刺すコツだと思います。


リボン刺しゅうの立体感どうぞ楽しんで下さいね!


ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

先週3連休、鎌倉の海に行った際に
新成人の方がたくさん浜辺で
写真撮影されていました。

\新成人の皆様、おめでとうございました/

お天気が良かったこともあって
同じ浜辺でご夫婦やご家族で
お散歩されている方も多くお見かけしました。

特別な年、特別な日。
何気ない日常のなかの一日。
どちらも大切な時間ですね。

刺しゅうカレンダーは、毎日を大事に
過ごしたくなるあたたかな作品がつくれるレッスン。

第二弾が発売スタートしました。
2022年の皆様のHappyな時間に寄り添えますように。
ぜひお楽しみください。

皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)