【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.21

【7月編】ironna happa シライカズミさん

10月21日に発売の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


後編では、7月から12月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


7月は、ironna happa シライカズミさんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………




編み物、刺しゅう、裁縫など、普段から

手作りを楽しむ母を小さい頃から見ていました。




私も大人になり、少しずつ何かを作ることを楽しむようになりました。




そんな中で刺しゅうを始めるきっかけとなったのは、

娘に作った洋服に何か可愛く…と小さなモチーフを刺してみたこと。


その後も毎日針を持ち、刺しゅうに没頭することが本当に楽しくて、楽しくて。

これが自分のやりたかったことなんだなあと、今も刺しゅう時間を満喫しています。



…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………



好きな布と糸を使い、とにかく楽しく!制作しています。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………



刺しゅう糸として用いている、花糸です。

マットな風合いと、カラーがお気に入りです。


…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………



眺めて、そして実際に刺しゅうをして楽しんでいただけるよう

モチーフやステッチを考えてみました。

なにより、これまで刺したことのないモチーフにしてみようと、

私自身がワクワク取り組むことが出来ました。



…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………



刺しゅうは、自由に針を進めていけるのが魅力の一つです。

モチーフやステッチを参考に、オリジナルの作品づくりを

楽しんでいただけると嬉しいです。


楽しい刺しゅう時間になりますように。


ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

今週でそぼろさんのインタビュー記事が
最終回となりました。

毎回思うことではありますが
3回連載したあとは

作家さんのハンドメイドに対する思いや
クラフトを愛でる眼差しが本当にステキで

その作家さんからしか生み出せない言葉が
ずっと心の余韻となって響きます。

毎回ハンドメイドの世界が大好きだな~と思える
時間に感謝しつつ…、


皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)