【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.21

【8月編】FABBRICA さん

10月21日に発売の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


後編では、7月から12月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


8月は、FABBRICAさんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………

幼い頃から手芸や裁縫全般は常に身近にありましたが、

特に刺しゅうに魅了されたきっかけは出産です。


子供が寝ている間、家事の間、

刺しゅうは隙間時間に少しずつ進められますので。

 

後に刺しゅう作品のネット販売を始めたのをきっかけに

刺しゅう作家 FABBRICAと名乗るようになりました。



…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………



使ってくださる方を想い浮かべて、

とにかく丁寧に、誠実に、と言うのを心がけて作っています。

私の刺しゅうは親しみやすい、日常の生活に馴染むものだと思っています。

豪華!すごい!というものではないかもしれないけど、

手にしてくださった方の気分が良くなるような

朗らかな笑顔が引き出せるような作品づくりを目指しています。

…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………



・京都みすや針のフランス刺しゅう針。

針先が大変鋭く、帆布などに刺しゅうする際も

布通りが良いので気に入っています。

 

・裁縫箱(本当はお弁当箱)

楕円のまげわっぱ。毎日使う道具入れに、蓋に糸くずを入れたり、

とても便利。開けるとふわっと木の香りに癒やされます。


…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………







8月担当、ペンギンをあしらったデザインをぜひ!というご依頼でしたので、

「夏の思い出」をテーマに海で楽しむペンギンの子どもと

それぞれワンポイント刺しゅうとしても使っていただけるような

モチーフをアルバム写真のように額縁に入れました。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………



図案がそれぞれ独立しているので、

今日はここ!来週末はここ!というふうにのんびり進めていただけたら嬉しいです。

難しいステッチは使っていないので、初心者の方でも挑戦しやすい図案です。

ぜひ楽しんで刺しゅうしてください。



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

今週でそぼろさんのインタビュー記事が
最終回となりました。

毎回思うことではありますが
3回連載したあとは

作家さんのハンドメイドに対する思いや
クラフトを愛でる眼差しが本当にステキで

その作家さんからしか生み出せない言葉が
ずっと心の余韻となって響きます。

毎回ハンドメイドの世界が大好きだな~と思える
時間に感謝しつつ…、


皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)