【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.21

【9月編】l ä p i l ä p i さん

10月21日に発売の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


後編では、7月から12月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


9月は、l ä p i l ä p iさんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………

子供が生まれたことがきっかけです。


毎日忙しく過ごす中で、子供の成長を感じ、自分自身も成長して

何か形として子供にプレゼントしたいと思ったからです。


刺しゅうは大変自由度が高く、世界でたった一つの作品を

作ることができることに魅力を感じました。


…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………

刺しゅう作品にするモチーフや、作品そのものの背景を大切にしています。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………

TULIPの糸切りハサミです。


…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………

天高く馬肥ゆ秋、ということで馬をモチーフにした作品にしました。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…。

気候のいい季節は思い存分楽しみたいという思いから、

楽しいイメージをもつサーカスのモチーフに合わせています。

秋らしいシックなカラーでまとめました。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………

刺しゅうは時間のかかる作業ですが、

仕上がった時の達成感は格別です。

丁寧に刺せば確実に上達するので、

楽しみながら、ゆっくりと刺して頂ければと思います。



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

今週でそぼろさんのインタビュー記事が
最終回となりました。

毎回思うことではありますが
3回連載したあとは

作家さんのハンドメイドに対する思いや
クラフトを愛でる眼差しが本当にステキで

その作家さんからしか生み出せない言葉が
ずっと心の余韻となって響きます。

毎回ハンドメイドの世界が大好きだな~と思える
時間に感謝しつつ…、


皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)