【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】

|

2021.10.21

【10月編】井沢りみさん

10月21日に発売の「刺しゅうカレンダー2022」リリースを記念して


1月から12月までの刺しゅうカレンダー制作にかかわってくださった

12人の刺しゅう作家さんにインタビューさせていただきました。


後編では、7月から12月までご担当いただいた作家さんからの

メッセージをお預かりしています。


10月は、井沢りみさんに制作していただきました。



…………………………………………………………………………………………………………

■刺しゅう作家になられたきっかけを教えてください

…………………………………………………………………………………………………………



ハンガリーの首都ブダペストの民族博物館に行った時に、

沢山のハンガリー刺しゅうを見て感動した事を覚えています。


幸運が重なり、現地でイェネイ・アニコー先生に

刺しゅうを教わる事が出来たのですが、

学ぶほどに地方ごとに異なるハンガリー刺しゅうの魅力に

どんどん惹かれていきました。


帰国後、日本でもハンガリー刺しゅうはカロチャ刺しゅう以外

あまり知られていないと感じ、他の魅力的な刺しゅうもお伝えできたらと思いました。


…………………………………………………………………………………………………………

■作品づくりで大切にされていることをお伺いさせてください

…………………………………………………………………………………………………………


ハンガリー刺しゅうの伝統を意識しながら、

より気軽に楽しんで頂けるように図案をデザインしています。

また、日本の暮らしに合い、持ち歩いて楽しめるような小物を提案しています。


…………………………………………………………………………………………………………

■お気に入りの刺しゅう道具、手芸道具があれば教えてください

…………………………………………………………………………………………………………


ドールにマグネットが入った針休めのNee-doll(ニードール)です。

私のオリジナル作品ですが、針を置いたり取ったりの

動作が楽で気に入っています。

また、ハンガリーの職人さんメイドの反りバサミは、

切れ味が良く欠かせない道具のひとつです。

…………………………………………………………………………………………………………

■今回の刺しゅうカレンダー作品に込めた思いをお聞かせください

…………………………………………………………………………………………………………


デトバ刺しゅうは、旧ハンガリー領のスロヴァキアのデトバで

発達した刺しゅうです。現地ではかぎ針を使って刺しますが、

チェーンステッチで刺す方法を紹介させて頂きます。



デトバ刺しゅうは、バラやチューリップ、その他の花や葉など、

大小の植物のモチーフがリズミカルに連続して配置され、

民族衣装の袖やテーブルクロスなどにあしらわれます。



その刺しゅうの密度は、実際に触ると硬いほどで、

刺しゅうにかける時間と情熱を感じます。



今回の図案は伝統のものをアレンジしました。

現地に想いを馳せて、楽しんで頂けたらと思います。


…………………………………………………………………………………………………………

■最後に受講生の皆様にメッセージをお願いします

…………………………………………………………………………………………………………


チェーンステッチで埋め尽くすデトバ刺しゅうは、

どこかで目にしたことがあるかも知れません。

多色使いのものや、アイレットワークが沢山施されたものなどもありますが、


今回は、冬に向かう季節に、温かみのある赤をメインに配色し、

気軽に刺せるようにチェーンステッチのみの図案にしました。

お休みを入れながらゆっくりと進めてみて下さいね。


図案のモチーフを取り出して、ワンポイント刺しゅうに使ったり、

下部分のボーダー模様を繰り返して小物などに刺したりと、

応用して楽しんで頂けたら嬉しいです。



ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

今週でそぼろさんのインタビュー記事が
最終回となりました。

毎回思うことではありますが
3回連載したあとは

作家さんのハンドメイドに対する思いや
クラフトを愛でる眼差しが本当にステキで

その作家さんからしか生み出せない言葉が
ずっと心の余韻となって響きます。

毎回ハンドメイドの世界が大好きだな~と思える
時間に感謝しつつ…、


皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【刺しゅうカレンダー2022発売記念 作家インタビュー<special企画> 】(12)