PICK UP

【作家インタビュー】

|

2021.02.04

vol.4 刺繍作家 マカベアリスさん

CRAFTINGをご覧いただいている皆様、こんにちは。


2月に入りました。皆様、お変わりないですか?


今週から刺繍作家のマカベアリスさんのインタビュー記事をお届けします。


刺繍作家になられたきっかけやアトリエへのこだわりなど、

ファンを魅了して止まないマカベさんの刺繍の物語について

毎週少しずつご紹介していけたらと思います。



どうぞおつきあいいただけたら嬉しいです。



刺繍作家さんになったきっかけを教えてください

「子どもが生まれて、何か作りたいという気持ちがあふれてきて。

刺繍の世界は正解があるわけではなく、とても自由なんです」


「三人子どもがいるのですが、下の子が幼稚園に入ったころ、

何かどうしようもなく作りたいという意欲がわいてきたんです。


最初は子ども服をつくるところからはじめました。

とにかく布と針と糸が好きで、刺繍もはじめたのですが、とても手ごたえがあったんです。

あ、これは自分に向いてるなと思いました。とっても自由なんです、刺繍って。


絵を描くことと似ているところがあって、こうじゃないといけないというルールはないんです。

自分が好きにつくれる。私は子どもの頃から人と同じことをするのが苦手な子で、

一人でいるほうが好きなタイプでした。


刺繍の世界が持つ自由な在り様が向いていたんだと思います」


友人と一緒に合同展示会に参加したり、ブログで作品を発表したり。

創作活動の場が少しずつ広がっていったマカベさん。


「ギャラリーの作品販売にお声がけいただいて。

そこから本格的に作家活動がはじまったようなところがあります」


そして、20代のころに留学していたイスラエルに7年ほど前

2週間ほど滞在してから、ガラリと作風が変化したそうです。


「聖書の舞台でもあるイスラエルは、神さまと人間の物語の場所であり、

現地の方と心がふれあい、一緒にいった仲間と心が通じ合う感覚をもつことができたんです。

自分の殻が破れたといいますか。


神さまからいただいたいのち、感動を、あえてかたちにしたいと思いました」


そんな思いから、植物を愛でるような気持ちで作品にするように。


「植物を刺繍の図案にするのは、少しありきたりな気がして、

創作活動の初期はあえて避けていたようなところがあったのですが」


旅に導かれるように、いのちの輝きが映し出されているかのような

植物というモチーフを刺繍の世界で表現してみたくなったと語ってくださいました。


▲作風に影響をあたえた、イスラエルの地にて(お写真をお借りしました)

▲取材にお応えいただいたマカベアリスさん。アンティークな家具には刺繍道具がすっきり整理されている

▲お気に入りの使い込まれた10㎝の刺繍枠と著書「植物刺繍手帖」(日本ヴォーグ社刊)

▲CRAFTINGに掲載中のマカベアリスさんの刺繍キットの作品の数々



アトリエについての思い入れをお聞かせください

味わいのあるインテリアに愛用の刺繍道具が大切におさめられている場所

日常生活と隣り合わせで、美しい刺繍の世界が生み出されている


東京都杉並区の青梅街道沿いにある蚕糸の森公園(さんしのもりこうえん)にほど近く、

あたたかな光が差し込む、ご家族とともに暮らすマンションの一室がマカベさんのアトリエ。


「アトリエというより、作業スペースみたいなものなのですが(笑)

真新しいものよりも、どちらかというと味わいのあるインテリアが好きで」


時が刻み込まれた優しい風合いの収納家具に、大切に集めてこられた

布などが整理され、静かに出番を待っているかのようでした。


窓からは明るくて白い冬の陽射し。

マカベさんの一日を、日常を、包み込んでいる光に包まれながら

取材はおだやかに続いていきます。



▲新作の作品づくりに意欲的に取り組むマカベさんの手元はカメラが追い付かないほどのスピードで針が進む

▲本棚は刺繍に関連する内容のものから、お気に入りのモチーフである花や鳥、自然に関する本が並ぶ


マカベさんの一日のスケジュールをお伺いしてみると「いつも朝5時くらいには起床し、子どものお弁当づくりを始めます。

平行して朝食の支度をして、掃除など家事をさっと片づけたら、8時30分くらいから、創作をスタートでしょうか?(笑)」


子育てママさんとしての一面をお伺いでき、共感するとともに、やっぱり尊敬のまなざしで見つめてしまいました。


お弁当と刺繍の美しい世界が、同じの手から生み出されていることに心動かされます。

そして「刺繍は時間がかかりますから」17時過ぎまで、針と糸と布に向き合う時間。


刺繍仕事の手は、今日もよどみなく美しいリズムを刻んでいました。

部屋のなかには刺繍に関連する本もおさめられており、その風景を見守っているかのように息づいています。



▲刺繍糸の色は同じカラーリングで箱におさめられ、整理されている。微妙な色の違いが作品の表現の幅に

▲調度品のハトはリサ・ラーソンの作品。大切にされている感じが伝わってくる



本棚の撮影を許可していただいた今回の取材。


そのなかの一冊、海洋生物学者、レイチェル・カーソンの

「センス・オブ・ワンダー」の一節にこんな言葉があります。


「子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。


残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、

美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。


もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、

世界中の子どもに、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや

不思議さに目をみはる感性」を授けてほしいとたのむでしょう。」


マカベさんの植物を愛でる眼差しと日常のなかで作品に向き合う感性は、

「センス・オブ・ワンダー」そのものでした。


今日のCRAFTINGマガジンはこれでおしまいです。


コロナ禍で時間が止まったように感じる日々ですが、

昨日に立春を迎え、暦のうえでは春になりました!

季節は確かに、めぐりつつあるようです。



マカベアリスさんの草花の刺しゅうレッスン

草花の葉や花びらのディテールに命を吹き込むように刺しゅうをします。光沢を抑えた自然な色合いの刺しゅう糸とリネン生地で、身近にそっと寄り添うような小物を作りましょう。

■講師プロフィール:マカベア...

草原に咲く花もようのクラッチバッグ

ゆらゆらと風に揺れながら、草原に素朴に咲く花々をクラッチバッグの模様に。大人っぽい形ながら、少女のような可愛らしさもあります。

作品に使用するステッチは動画で詳しく説明しています。針の動きや刺し...

自然の恵みフルーツ刺しゅうのバッグ

自然界からのギフト、香り立つフルーツをたっぷりと刺しゅうするバッグです。25番刺しゅう糸のみで大人っぽく上品に仕上げます。

作品に使用するステッチは動画で詳しく説明しています。針の動きや刺し方の...

摘んだ野の花のポーチ

ウール糸を使って、野に咲く小さな草花のモチーフをポーチにあしらいました。お花はウールでふっくらと立体感のある仕上がりに、葉と茎は25番刺しゅう糸でシャープに。裏面のデザインは表の花のつぼみをイメージし...

風にゆれる植物の巾着バッグ

コーラルピンクのリネンにリズミカルな植物模様を刺しゅうします。生成り、ピンク、グリーンの3色のみの刺しゅうで、大人っぽい仕上がりに。ひもをバッグの片方で結びとめる巾着型は、持ちやすく使いやすい形です。...





ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ

はじめまして。CRAFTINGでコンテンツを担当することになりました。毎週お手紙を書くような気持ちでお届けできたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。年長さんになる娘は、布マスクが苦手ですぐに外してしまうのですが、先日彼女のイラストを図案にして小さな刺繍を入れたら、お気に入りになったようで、今朝もつけて登園してくれました。手づくりの魔法!? コロナ禍で緊張が続く毎日ですが、母的にはほっとしています。皆様、2月は何の手づくりを楽しんでいらっしゃいますか?

Share

PICK UP