【作家インタビュー】

|

2021.02.12

vol.5 刺繍作家 マカベアリスさん

CRAFTINGをご覧いただいている皆様、こんにちは。


2月に入って東京は急にあたたかくなってきました!


昨日は祝日だったこともあって、

お花屋さんで出会ったヒヤシンスとムスカリに家に来てもらいました。

ガラスの器に入れると根がふわりと水中に泡とともに泳いで、

春のかわいらしい息吹を見せてくれています。


今週も植物の美しい造形を刺繍の世界で描いていらっしゃる

マカベアリスさんにお話しをお伺いします。


第二回目となる今回は、図案づくりやお客様との

心に残ったエピソードをお伺いしました。


どうぞおつきあいいただけたら嬉しいです。





図案をつくるときに大切にされていることはありますか?

植物のかたちをそのままではなく

刺繍として美しい在り様に変化させること


マカベさんの図案とお散歩にはとても密接な関係があります。

「最近はコロナのことや仕事が忙しかったので、行く頻度が少し減っていますが、

近くの蚕糸の森公園(さんしのもりこうえん)にカメラを持って出かけています。


もう100年以上続く森を有する公園で、四季折々の植物に触れあうことができるんです」

植物を愛でながら、新鮮な感動を写真におさめ、図案にしていくプロセスが続くといいます。


「そのまま植物を写しとった図案にしても面白くないといいますか。

だったら写真や絵でいいと思うんです。あくまで『刺しゅうの図案にする』ことを意識して、

植物のかたちを抽象化するようにしています」


マカベさんの植物の図案は、植物の瑞々しいかたちや曲線を活かしながら、

植物の一番輝いているいのちの『形』をとらえ、

愛らしく可憐で印象的なデザインに生まれ変わらせたアートのよう。


蚕糸の森公園の100年も前から植物のいのちがめぐり、刺繍の世界で新しく生まれ変わり、

私たちの手づくりすることの喜びや幸せにつながっている、

そんな風に思いをはせると、とてもゆったりとしたあたたかな気持ちになります。



▲マカベさんの相棒のオリンパスのカメラ。オリジナルの刺繍図案はここから生まれている


▲図案にはいくつもの刺繍糸の番号。上品でやさしいマカベさんらしい色あわせが生まれる場所


▲身近にある植物のいのちの造形美。テキスタイルのような刺繍の図案のリズムに心癒される


▲CRAFTINGの刺繍キット作品をご紹介いただいた、マカベアリスさんのInstagram投稿より(@alice_makabe フォロワー数5.8万人)






印象的なお客さまとのエピソードがあれば、教えてください

「手を動かすことで救われ励まされたという経験を伺ったとき。そんな

お手伝いを少しでもできたことに、私の方こそ有難い思いがしました」



作品展や百貨店、ハンドメイドのイベントなどにも出展されるたびに、

お客さまからお声がけいただくことが多いそうです。


「昨年末、デパートのイベントで、初日に駆けつけてくださったお客様がいらっしゃいました。


その方は、ご家族が病を得られ、入院する直前に

絵本「野のはなとちいさなとり」(マカベアリスさん著・ミルトス刊)をプレゼントされたということです。


その方ご自身も、いろいろな中、手を動かすことで救われ励まされたという経験があったからです。

ご家族はその後退院され、そして手仕事の力に励まされているとのこと。


そんなお話を涙ぐみながらして下さいました。手仕事は楽しみであると共に、

辛い時も励ましてくれる友達のような存在だと思います。

そんなお手伝いを少しでもできたことに、私の方こそ有難い思いがしました。」



気持ちが少し弱っているときに、手づくりの世界に出会ったというエピソードを

私もさまざまな方からお伺いしたことがあります。


そのたびに思うのは、手づくりのモノやコトは、手の温度がそこに宿るように、心をあたためる、ということ。


誰かを思って手づくりすることは、握手したあとの相手の体温の余韻のような、

ふんわりとしたやさしさが人を癒すのかもしれません。


手仕事に夢中になっていると、ただただ手の感覚だけになっていく瞬間があります。

もやもやした気持ちはいつの間にか手放されて、あたらしい気持ちが生まれてくる時間。


日常のなかに手づくりの習慣があることは、毎日朝になったら窓を開けて、

新鮮な空気を入れるような感覚と似ている気がしています。


先ほどの刺繍絵本「野のはなとちいさなとり」にもそんな一節がありました。


「それは しろいはな。すきとおるような しろいはな。

―かわいいなあ。きれいだなあ。

きよらかな すんだ くうきが すーっと むねに はいってくる。」



今日のCRAFTINGマガジンはこちらでおしまいです。

今週も楽しい週末をお過ごしください!



▲お客さまとの大切な思い出を丁寧に語ってくださったマカベさん。アトリエにて


マカベアリスさんの草花の刺しゅうレッスン

草花の葉や花びらのディテールに命を吹き込むように刺しゅうをします。光沢を抑えた自然な色合いの刺しゅう糸とリネン生地で、身近にそっと寄り添うような小物を作りましょう。

■講師プロフィール:マカベア...

マカベアリスさんの草原に咲く花もようのクラッチバッグ

ゆらゆらと風に揺れながら、草原に素朴に咲く花々をクラッチバッグの模様に。大人っぽい形ながら、少女のような可愛らしさもあります。

作品に使用するステッチは動画で詳しく説明しています。針の動きや刺し...

マカベアリスさんの自然の恵みフルーツ刺しゅうのバッグ

自然界からのギフト、香り立つフルーツをたっぷりと刺しゅうするバッグです。25番刺しゅう糸のみで大人っぽく上品に仕上げます。

作品に使用するステッチは動画で詳しく説明しています。針の動きや刺し方の...

マカベアリスさんの摘んだ野の花のポーチ

ウール糸を使って、野に咲く小さな草花のモチーフをポーチにあしらいました。お花はウールでふっくらと立体感のある仕上がりに、葉と茎は25番刺しゅう糸でシャープに。裏面のデザインは表の花のつぼみをイメージし...

マカベアリスさんの風にゆれる植物の巾着バッグ

コーラルピンクのリネンにリズミカルな植物模様を刺しゅうします。生成り、ピンク、グリーンの3色のみの刺しゅうで、大人っぽい仕上がりに。ひもをバッグの片方で結びとめる巾着型は、持ちやすく使いやすい形です。...

ライタープロフィール

・CRAFTINGスタッフ マガジン担当

CRAFTINGでマガジンを担当しています。

今週でそぼろさんのインタビュー記事が
最終回となりました。

毎回思うことではありますが
3回連載したあとは

作家さんのハンドメイドに対する思いや
クラフトを愛でる眼差しが本当にステキで

その作家さんからしか生み出せない言葉が
ずっと心の余韻となって響きます。

毎回ハンドメイドの世界が大好きだな~と思える
時間に感謝しつつ…、


皆様、今、何の手づくりを
楽しんでいらっしゃいますか?

【作家インタビュー】(36)